お知らせ

恐れることなく、データサイエンスと未来へ。多摩大学経営情報学部専任講師・崎濱栄治氏インタビュー。

データサイエンスは、最も期待の大きな分野の1つだが、なぜこれほどまでに注目されるようになったのだろうか。どうもデータもしくはデータを取るということに対して、少し恐怖や違和感がある。例えば、最適化されたオンラインストアから趣味にぴったりな商品がレコメンドたり、SNSで興味のあるニュースが続々と表示されたりする。こういったことがある度に自分の生活が監視されているような気分になり、便利と引き換えになにかとても大事なデータを奪われているようにすら思う。これからデータが私たちの生活をどうやって変えていくのか、私たちはどのようにデータ社会と向き合って向かっていくべきなのかを多摩大学経営情報学部専任講師で分析コンサルティング会社も経営する崎濱栄治氏に聞いてみた。


詳細はこちら
 


この投稿を共有する
閉じる
URLをコピー URLをコピー